.

病院の待ち時間がとても苦手です。病人が沢山いるなかで静かに待っているのがどうにも耐えられないのです。もちろん待合室にいるときはわたしも病人なわけですが、病人になっているわたしは気が弱くなっているので、できるだけ他の人たちの辛いところはみたくないんです。なぜだかわたしまで病気が悪化してしまうような気分になってしまうんですね。もちろんそんなことは一切ないのはわかるんですが、気分が落ち込んでいってしまうんです。それに診察までの待ち時間を待つというのがそもそも耐えられないんです。他の方もそうだとは思うのですが、暇をもてあましてしまうんです。時間をつぶすために仕方がないので書籍を持っていくのですが、どうもこれもおちつかない。いつ呼ばれるのだろうかという風に気をつけていると集中できないんです。困った性格だなと思いますね。このような理由から昔から病院が苦手になっています。何年たっても馴れず、しまいには病院にいかないようにするという選択肢をよく使うようになってしまいました。